ほっこり天然生活

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンランド旅行記vol.7~気になるあれこれ編~

vol.6はこちら

今回は旅行に行く前に気になっていた
あれこれを綴っておこうと思います。


◎交通手段
ヘルシンキ内の交通手段は基本3つ。
・トラム
・地下鉄
・バス
・公共フェリー(スオメンリンナへ行くとき)

トラム、地下鉄は乗るたびにチケットを買うのが
不安だったため「ツーリストチケット」を購入しました。
乗り降り自由で上記の4つの交通機関をすべて利用できるので
このチケットが断然お得!
48時間10,50€でした◎

もう一つ「ヘルシンキカード」というカードもあり
こっちは交通機関+美術館、博物館の割引なども
ついてるカード。
ツーリストチケットより値段は高いです。
行くところを考えてどっちがお得か計算することをおすすめします。

DSC_1002_convert_20120201234632.jpg

トラム、地下鉄は行き先、降りる駅のスペルさえ読み間違えなければ
ちゃんとつくはずです!
トラムは降りるボタンを押すと止まってくれます◎
RIMG0234_convert_20120201235448.jpg
トラムのシート。かわいかったです


◎出国前の免税手続き
免税手続きをした商品は
出国前に税関に書類とともに提出しないといけません。

旅行前にその手続きをする場所を調べてみると
地図を見る限り全て、チェックインして
セキュリティーチェックも済ませた後の場所。

ということはTAX-FREEで買ったものは
すべて手持ちで帰るしかない!?

そんな不安を最後の最後まで持ち続けた私(笑)

最終的にその不安はちゃんと解消されました。
しっかりフィンエアーのチェックインカウンターの前に
手続きをする場所がありました。
説明書には税関のスタンプが必要となっていましたが
それもそこのカウンターでOKとのこと。
返金の振込についてもはがきをポストに入れるとか
日本で手続きをするとかいろいろ書いてありましたが
それもなし。クレジットカードを見せて終了です。

その後隅っこによって
スーツケースを広げて荷物を詰め込む私たち。
若干の恥ずかしさがありつつも手荷物が減って万々歳◎

ちなみにスーツケースの重さは22.8キロ。
23キロが制限なのでギリギリセーフ◎
というわけでオーバーの場合、
厳しく取り締まられるかの確認はできませんでした
フィンエアーはちょっとなら許してくれそうなイメージ(笑)



今回の旅行では最初のトラブル以外(vol.1参照
すべて順調でした◎
旅行前の色々リサーチしているときに
女性の一人旅が結構多いように感じたのですが行って納得。
私も次は一人で行く自信があります!笑

次回はようやくエピローグです◎

関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。