ほっこり天然生活

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンランド旅行記vol.2 ~乗換編~

vol.1はこちら

エア

困難を乗り越えて手にした窓際の席で
快適なフライトを送りました。

直行便なので日本人の客室乗務員もおり
なにかと安心◎

エンターテイメントも充実していて
映画や音楽、テレビが楽しめました♪

機内食は予想していたよりおいしかったです
ごはん

なぜか毎回蕎麦がつきます(笑)
カトラリーやカップのデザインがかわいかった♪

ソフトドリンクだけでなく
ビール、ワインも無料◎
飲める口なら喜んでいただくところですが
二人とも少量でThe酔っぱらいの赤面になってしまうので
ウーロン茶で我慢(´д`)


さて、そろそろヘルシンキというところで
念のため乗換の方法を乗務員さんに確認。
なんとなくイメージがついて一安心。

着陸前には座席前の画面に
乗換ゲートの案内が出ていました。
しかしこれが落とし穴になることが・・・
必ずしもそのゲートが正しいとは限らないのです!
私はこの情報を友人から聞いていたので
一応頭に入れつつも到着後、
セキュリティチェックの先の掲示板で再度確認。
すると全然ちがーう!!
そんなに大きくない空港なので
万が一間違えても移動は出来ると思いますが
短い乗換時間だと命取りになるので
要チェックです。


そしてついにヘルシンキ・ヴァンター空港到着
セキュリティチェックにいるのはほぼ日本人。
乗換
係員はフィンランド人ですが、日本語のアナウンスも流れているので
まだ安心エリア。
この先が戦いです!(笑)

無事にチェックを終えて、いざ入国審査へ。
久しぶりの英語でちゃんと答えられるか
ドキドキしながら並んでいましたが
全く何も聞かれず。
かわりに先に並んだ旦那さんが色々聞かれていました。
ラッキ~♪笑

入国審査が終わればあとはひたすらゲートに進むのみ。
心配していたより断然簡単に行けました◎
そりゃネット調べても詳細が出てこない訳です。
詳細に書くことがない(笑)

目的ゲートまでの間にはたくさんの誘惑が
イッタラやマリメッコ・・・買いたい
でもここは我慢。また出国でくるし!

唯一買ったのがプロローグにのせた
aarikkaのトントゥさんたち。
旅のお供として購入しました♪
ストックマンで19.8€。

今回は乗換時間が2時間あったので
かなりゆっくりできました◎

そして一路イヴァロ空港へ出発
この飛行機は自由席だという情報もありましたが
ちゃんと座席指定になってました。

900キロの移動は1時間半くらい。
機内サービスはドリンクだけでした。

時間通りにイヴァロ空港到着!
到着はビートルズスタイルでした(勝手に命名してます)。
到着

さすが北極圏、雪があります!
でも思ったほど積もってないし寒くない♪
のちのちわかったことですが、
フィンランドも暖かい日が続き
雪の積雪がいつもより少ないそう。

心配していたロストバゲッジもなく
無事手元に届きました◎
よかった~!!

ここからサーリセルカまではバス移動。
空港を出てすぐにバスが止まってました。
ノリのよさそうなおじちゃんが荷物を乗せてくれて
宿泊先を告げて乗車。
このバスのおじちゃんは何も言わなくとも
停車時にサーリセルカのホテル名をちゃんと教えてくれました◎

宿泊先は『ホテル トゥントゥリ』。
事前の調査では「サーリセルカの最高級ホテル」
となっており、期待を膨らませて行ったのですが
案内されたお部屋はいたって普通?c(゚.゚*)エート。。。
どうやらトゥントゥリにもいろんなクラスがあるようです。
まあ値段的に妥当なので文句は言いません
きれいだし、温かいしいい感じです。

到着はフィンランド時間で20時くらいでしたが
時差を含めると約24時間活動しっぱなし
スーパーで買った物で夕飯を済ませこの日は早々に就寝◎
ぐ~~っすり寝ました


つづく








関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。